お葬式ガイドでは葬儀を行う側から会葬者の約立つ情報を提供いたします。



 

臨終から納棺まで

葬儀社に連絡

病院でなくなられた場合は医師が側についていて御臨終を伝えてくれますが、家などで亡くなられた場合はすぐかかりつけの医師を呼んで確認してもらいます。それから葬儀にかかります。葬儀の手順など不慣れな場合がほとんどでしょうから、まず葬儀社に連絡を取り、来てもらうのが良いと思います。その場所(埼玉であれば埼玉の葬儀社)が手配も早くスムーズに葬儀を執り行うことができるでしょう。

身内への連絡とか、故人と親しかった方たちへの連絡などは自分たちでやらなければなりません。
特に亡くなった方がまだ会社で現役であった場合は、ただちに会社に連絡を取って協力を仰ぐといったことも必要でしよう。伝達役を頼めるような人があれば頼んでしまうのも一つの方法です。
亡くなった方の身体を清める湯灌なども、病院で亡くなった場合などは病院側でしてくれることが多くなっています。なお、病院で亡くなった場合は、この段階で支払いを済ませてしまったほうがいいでしょう。

葬儀社の決め方と取り決めの際に必要なこと

葬儀社の選び方

日頃から互助会などに入会している方は、その会に連絡すれば指定の葬儀社が来ます。葬儀を自分の家でやらない場合なども、互助会で使える会場が用意出来ます。そうでない場合は病院でも紹介してくれますし、区役所や市役所に問い合わせれば紹介してくれます。他にも、電話帳で探すなど方法はいろいろあります。

葬儀社との打ち合わせの前に確認する必要があること

こうして葬儀社が決まり実際の打ち合わせに入る一方、住職に来ていただいて故人の枕辺でお経を上げてもらいます。日ごろから檀家寺があれば問題ありませんが、普段お寺さんとまったくお付き合いがなかった場合には、自分の家はどんな宗派で、同じ宗派のお寺さんが近くにあるかどうかを調べなければいけません。最近は自分の家で葬儀を行うという例が非常に少なくなりました。葬儀をどこで行うか、お寺を借りるのであれば住職が帰られる前にその話もしておいたほうがよいでしょう。

葬儀社との取り決め

葬式には、祭壇の数などによっていろいろな価格のランクがあります。後々トラブルが発生することを防ぐため、自分たちはどれくらいのランクで行うのか、はっきりと指示することが必要です。そしてこのランクだとどこまでのサービスが含まれているのか、などとい
った細かい事も出来るだけ把握しておくが大切です。
葬儀の日取りは檀家寺や火葬場の日程などを確認し、調整しながら決めて行きます。その点も葬儀社としっかり連携を取りながら決めて行きましょう。
年末年始ですとか、火葬場が混み合っていたりですとか、すぐには葬儀が行えない場合もあります。そのようなときの遺体の保全方法なども葬儀社としっかり打ち合わせておきましょう。このような場合には身内だけで密葬を行い、日取りが定まってから本葬を行うのが普通です。

湯灌について

病院で亡くなられば場合、「末期の水」と「清拭」と呼ばれる作業は病院で行ってくれます。その後の身を清める「湯灌」、「装束の着替え」、「お化粧」は身内で行うこともありますが、葬儀社に依頼できます。着替えの衣装は普通、白装束にしてあげますが、最近では、亡くなった方が存命中に好まれていた物を着せてあげる場合もあります。

死亡診断書・火埋葬許可証の受給

亡くなられた後、遺族がまずしなければならない手続きです。故人を診断し死を確認した医師が書いてくれます。これを持って地域の役所に死亡届を出します。届は所定の用紙がありますからそれに書き込んで提出します。これは死亡後7日以内に提出しなければいけませんが、この届に限り役所は休日でも受け付けてくれます。ですから遠隔地でない限りその日のうちに届けるようにしましょう。
死亡の原因が病死や自然死の場合は問題ありませんが、事故死などの変死の場合には所轄の警察署に連絡して死体検案書を発行してもらう事が必要になってきます。この場合には、届出の際に、本人が行く場合は本人の印鑑、代行する場合は代行する人の印鑑が必要になります。
死亡届を出す時忘れずに火葬許可証も申請し火葬の許可も貰いましょう。これがないと火葬場で受け付けてくれません。火葬場でこれを出すと必要事項を記入してくれます。これが埋葬許可証となります。この埋葬許可証は再発行されませんので、くれぐれも紛失しないよう大切に保管して下さい。

その他の注意

故人と生前お付き合いのあった人たちが、亡くなられたという報せを聞いて弔問に訪れます。故人の社会的な地位によってその晩が盛大な集まりになる事も十分に考えられます。人数の多少にかかわらず、弔問客への対応の事も考慮しておきましょう。

注目サイト

セラフの子供服

2018/1/5 更新

    home


(c)お葬式ガイドAllright Reserved.